<加圧筋調整®スポーツ版一例>

動ける身体に変える!

 

2015年6月以降、車いす陸上永尾嘉章選手の当方でのトレーニング風景がNHKをはじめ数々のメディアに紹介されました。

各競技スポーツに応じたトレーニング指導を行います。

 

競技スポーツには加圧筋力トレーニングは適さない・・・

という考え方をする人々が多くいるようです。

 

しかしそれは加圧筋力トレーニングの本質を知っていないにすぎません。もちろん使い方を間違えてしまうと競技スポーツにおいて効果を上げることはできません。しかし加圧筋力トレーニングの特徴をつかんでやり方を間違えなければ競技スポーツにおいてもしっかり効果を上げることができます。

   

 <主な加圧筋調整競技スポーツ指導暦>

 

            ・車いす陸上短距離永尾嘉章元選手(2016年リオパラリンピック後に引退、現在はコーチ)

     (T54クラス100m日本記録保持者)

     (パラリンピック最多出場者(7回))

      ・・リオパラリンピックで8位入賞(53歳)

     

      関西国際大学硬式野球部

    ・兵庫県立三木北高等学校硬式野球部

                        等その他諸々    

<加圧筋調整車いす陸上編一例>

(ご協力;永尾嘉章選手 車いす陸上T54クラス100m・200m・400m日本記録保持者)

(2015年8月 六甲アイランドセンター整骨院内にて)

 *永尾選手は加圧筋調整を始められてから上記の3種目で日本記録更新の快挙を成し遂げられ

  ました。これについてはメディアでも取り上げられました

  (200m・400mは2018年に他の選手により更新されました。)

 

   <肩関節の可動域を大きくするための加圧>

   <競技用加圧プッシュアップ(腕立て伏せ)>

<加圧筋調整野球編一例>

  (ご協力; 関西国際大学 硬式野球部  2004年4月同校グランドにて)

*以下はこれまでに行ったほんの一部のメニューです。このメニューだけを行っているわけではありません。

    <加圧シャドウピッチング>

    <加圧ティーバッティング>